立ち回りが難しい営業支援で会社に貢献

営業支援としての行動ができるまで

営業支援としての行動ができるまで支援ツールで実務に役立つ調査・分析で営業をサポート

営業そのものではなく、営業担当の社員と共に行動し彼らをサポートする営業支援部門に配属されたことがあります。
会社にはさまざまな部署があり、それぞれが与えられた業務を全うすることで利益が生まれるので、これも重要な仕事だと思い従事していました。
ただ、想像していたよりは大変でした。
最初は自分のポジションを自覚するのに苦労しました。
営業支援はあくまで営業担当のサポートであって、営業活動を行なっている主体ではありません。
ですから、顧客と打ち合わせなどして交渉・調整するのは営業担当の役目なのですが、慣れないうちはつい自分で顧客と直接やりとりをしてしまったりして上司から注意されたこともあります。
自分の役割はあくまで営業担当が顧客とのやりとりに注力して成果があげられるようにサポートすることであると理解し、きちんと行動できるようになるまでに半年ほどかかった記憶があります。
それほど立ち回りが難しく、微妙なポジションだということです。
勤務中は営業と顧客先に同行することもあるのですが、業務の内容で特に難しいと感じたのは顧客と営業との短いやりとりの中で自分に求められているものを汲み取ることです。
たとえば、顧客が新たな商品を開発しようと計画していてその仕様について話をした場合、同種の商品を売り出している競合他社が何社くらいあるか、市場の動向はどのようになっているかなどを調査する必要があります。
もちろん、顧客は自社でもそういった調査は行いますがこちらも営業担当として調査を行うことになります。